陶芸 Ceramics

受講生のページ

受講生のみなさんの声

武藤 志津子さん

陶芸を始めて3年ちょっと。自分の思う物が、なかなか出来ません。新しく入ってきた人の上達の早さに、落ち込んだりしていましたが、自分の、一番好きなやりかたで作ろうと、気持ちを切り替えて、じっくり、ゆっくり、ひとつひとつ、丁寧に、作っていこうと思いました。
教室で、他の方の作品を見たり、作り方をお聞きしたりする事も私には、楽しいひとときです。
料理をする事も好きなので、料理をひきたてる器作りを目指したいのですが。

武藤 志津子さんの作品
作品画像正井 幸男さん

時間を忘れてしまうほど、熱中して作陶していますが、なかなか思い通りにはいきません。
でも出来あがった作品に料理を盛るとそれなりに愛着がわいてきます。やわらかな粘土が、いつか思い通りの素敵な器になるのを夢見ています。


作品画像玉置 富美さん

電動ろくろに憧れて、気軽な気持ちで始めた陶芸ですが、陶芸の歴史は長く、技法は幅広く、すればするほど奥が深い…。知らない技法や作陶のコツはまだまだ多く、先生方に教えていただく度に感嘆の声をあげています。
また、作陶の工程や仕上がりは自分が思い描いていたものと違う事もあり、その打開策や原因を追求するのも楽しさの1つです。
最近は年に1度、受講生の有志の方々とグループ展を開催しており、自分の作品を披露する楽しさも味わっています。


作品画像林 久留美さん

「ワクワクすること」私は、動物の写真や絵本を見て、「これを土で作ってみよう♪」とチャレンジします。土はなかなかいうことを聞いてくれません。ですが、なんとか形になった時は何とも嬉しいのです。
焼き上がった時に作品と出会うドキドキ感も相当楽しいと思います。
これからも、「自分が好きだなぁ」と思うものを作っていきたいです。


作品画像小村 春男さん

定年退職後に生涯学習の一環で初めて土をさわることになりました。それまであまり趣味のなかった私ですが、自分で作ったものが形になって陶芸窯から出てきた作品に感動!!
それ以降陶芸に“はまる”ことになりました。クラフトパークの水曜日・夜間のクラスに通うようになり、そこで出会った楽しい仲間と一緒に、「陶芸クラブ 水曜会」をつくり現在に至っています。
年1回の作品展を目標に作品づくりに取り組んでいます。個性ある方の集まりで、個々の輝きを追求した作品展となっています。


作品画像西尾 政剛さん(写真 右)

楽しい雰囲気で陶芸を楽しんでいます!入講してよかったです。

堰 香織さん(写真 中央)

半年前から通い始めました。まったくの初心者で自分がちゃんと形を作れるのか心配でしたが、先生方が基礎から丁寧に教えて下さるので安心しました。
今回は織部焼を作りました。自分で形を作って絵付けした器を、家で料理などに使えるのが嬉しいです。

堺谷 朋美さん(写真 左)

「考えているよりも早くやってみた方がよかったのね」と今は思います。
あっという間に時間が過ぎるほど楽しくやっております。

作品画像ペンネーム:青ちゃん

大胆にも土鍋という大物に挑戦した私を先生は熱心かつ親切に指導してくださいました。
高齢者大学で考古学を学んでいますので古代の絵文字を彫りこんでみたところ技術は恥ずかしいほど未熟ですが世界で一つだけの面白いマイ土鍋が出来上がりました。とっても嬉しいです。

お申込みはこちら