織物 Weaving Works

織機に糸をかけて一段一段織り上げる。根気が必要な作業の連続ですが、織物は手づくりの暖かさに満ちています。
和機、洋機、竪機などの各種手織り機が揃った本格的な工房で、織計画から織機の使い方、様々な織りの工程などを学び、多様な技法を使った作品制作にも取り組みます。

織物工房のご案内

織物の主な工程

  • 1.糸染め

    糸染め

    作品のデザインとイメージに合わせて糸を染めます。糸染めは染色工房と共同で使用する本格的な浸染室で行います。

  • 2.絣ずらしと経巻き

    絣ずらしと経巻き

    写真は、デザインに合わせて絣ずらし台で経絣の模様を出しながら経巻きをしている様子です。

  • 3.綜絖通し・筬通し

    綜絖通し・筬通し

    デザイン通りの柄を織り上げるために、経糸を綾の順に綜絖に通します。

  • 4.織る

    織る

    柄の出方や風合いなどを考え、織り上げていきます。
     

作品

工房自慢(工房の設備)

  • 洋機(60cm〜1m15cm巾)
    洋機(60cm〜1m15cm巾)
    ※洋機には二重ビームや8枚綜絖の機も完備しています。
  • 和機(50cm〜1m巾)
    和機(50cm〜1m巾)
  • 竪機(1.5m巾)
    竪機(1.5m巾)
  • 整経台3台
    整経台3台
  • 浸染室
    浸染室
  • 糸 各種
    糸 各種
  • 卸光・小枠
    卸光・小枠

講師・指導員の紹介

指導員 ものづくりへの思い

高橋 亜希

煖エ 亜希

ものづくりは、楽しくできることが一番。楽しくつくることができれば、その時間、作品は自分にとって“最高”になるはずです。

木村 妙子

木村 妙子

ものづくりしながら感じる事は素材がいつもものづくりの手助けをしてくれるということです。織りの素材ほど無数に限りなくあるものはないのではと思うほどです。その素材をどう表現したらより輝くか対話しながら楽しみながら創っています。

朝岡 知子

朝岡 知子

何でも手に入るこの時代、自分で作り上げたものは「特別なもの」です。また、無心で織機に向かっている時間も、日常からちょっと離れた「特別なとき」です。「特別」がもっと増えればいいなと思います。

岸田 めぐみ

岸田 めぐみ

ものづくりを楽しむには、「素直な気持ち」でものを作ること。素材や織り方・色の組み合わせなどで悩みすぎてしまうときがありますが、そんなときは自分で「これがいい!」と感じるものを素直に選んで表現してみる。そうすれば、楽しく悔いの残らないものづくりができると考えています。

片山 明子

樋田 明子

日常の中で、作ることや作ったものを使う喜びなど、ものを作ることでいつもの生活をちょっと豊かに過ごせるような、温かい気持ちになれるような時間が増えたらいいなと思っています。

真嶋 陽子

真嶋 陽子

一本の糸は頼りないけれど、それが経と緯で合わさることで無限の可能性が広がります。限りないからこそ、迷ったりもしますが、作品が完成した時の感動もひとしおです。その感動のお手伝いができればと思います。

中越 敦子

中越 敦子

頭の中でイメージしていたものができた「喜び」、予想外のものができた「驚き」、どちらもものづくりのエネルギーになります。素材が1つの作品になっていく工程は、ドキドキワクワクするものです。自分が作ったものを使えるというのは、感慨もひとしおです。

教室の風景画像

教室風景

お申込みはこちら