キルンワーク Kiln Works

受講生のページ

受講生のみなさんの声

作品画像 「唱歌のかおり」
黒田 義久さん

ムード照明兼アロマディフューザーです。ベース部内にLED・ファンモーター・電池ケース・電源スイッチ・綿棒ケース等々が仕込んであり、ACアダプターも使用可です。 指を添えているのはトンボ玉製の光るスイッチボタンで、左:照明、右:送風、です。その手前の四角は綿棒ケースの蓋。六角錐のランプシェードは縦二分割式、ベース上に設けた六角ステージに沿わせてセットし、六角の天板をはめ込んであります。六角ステージ中央には35mm径の奈落があり、その周りにアロマオイルを染ませた綿棒を挿し、底からのファンモーターによる送風、天板の溝からの吹出しで芳香が漂う仕掛けです。
シェード中の水芭蕉(花と葉)・三日月、天板と四角蓋のライン模様等は、(株)サングラス製のカラーフリット・カレットからバーナーワークで作製したパーツの封入です。ベースはK−1、絵付け部はM−1、他はK−0&1を使用。シェード(10mm厚)はスランピングしました。

作品画像「気付けば10年…」
ペンネーム:003003さん

 「どなたでも出来ますよ」との声に誘われて、ナント10年経ってしまいました。10年、まさかの10年、長い…。この間先生から頂いた数々のアドバイス励まし、そして駄目出し!!何年経っても変わらないのは、“初心忘れるべからず”と言うことで…。
毎回の作品が完成する度、満足と失望が微妙に交差、でも最後には納得しているのは10年経った賜物か開き直りか!?
これからも毎週お会いするのが楽しみな受講生の方々と一緒に楽しく作品を作って頂ければと思っています。

作品画像「うたかたの…」
ペンネーム:おとらさん

ガラスが何層か重なっているように表現することで色調がグラデーションとなり、深味がでて おもしろいのではないかと思い、作りました。
キルンはガラスを扱う前に粘土や石こうでの作業があり、いくつもの過程が楽しめました。

作品画像「Safari Park Project」
ペンネーム:Ryo-rinさん

ガラスの動物達を作っています。今年3月に、吹きガラス受講生の方とGGG+Gallery space にてガラス二人展『wonder animals』を開催しました。
パード・ド・ヴェールの事も何もわからない状態で始めていつの間にか10年!私らしいガラスを作る事を楽しんでます。

お申込みはこちら