バーナーワーク Burner Workings

卓上バーナーの炎でガラス棒を熔かし、とんぼ玉やアクセサリーなど様々なガラス小物をつくるバーナーワーク。
ガラスの粘性、伸展性、熔着性を利用した繊細な細工です。紀元前1500年ごろから世界各地でつくり続けられているとんぼ玉は、小さなカタチの中に感性を凝縮し、個性的な作品を仕上げることができるのが魅力です。

バーナーワーク工房のご案内

とんぼ玉(バーナーワーク)づくりの主な工程

  • 熔かす

    熔かす

    色ガラスの棒をバーナーの炎で熱します。ガラスが徐々に赤い色に変わって柔らかく熔けて流動的になっていきます。

  • 巻く

    巻く

    熔けたガラスを金属棒に巻き取ります。引力でガラスが垂れ下がるのを防ぐため、金属棒を水平に保ち回転させ続けます。

  • 加飾

    加飾

    玉の表面に色ガラスやカットしたミルフィオリ(金太郎飴のような模様の入ったガラス棒)をつけて模様を描いていきます。

  • 徐冷

    徐冷

    急に冷めるとガラスが割れてしまうので、わら灰やグローブライトの中に差し込んで徐冷します。

作品

工房自慢(工房の設備)

  • ガラス棒
    ガラス棒(鉛ガラス100色以上、ソーダガラス約20色
  • 工具一式
    工具一式
  • 徐冷材
    徐冷材
  • エアーバーナー(集中炎)
    エアーバーナー(集中炎)
  • 分仙バーナー
    分仙バーナー
  • エアーバーナー(拡散炎)
    エアーバーナー(拡散炎)

講師・指導員の紹介

講師 ものづくりへの思い

増井 敏雅

増井 敏雅

自分の中にあるイメージを限られた小さな玉に表現していく。
その表現方法には限りが無く、イメージは加速します。
ガラスと向かい合いながら手先を動かす。
無心になっていく一体感。
自然と自身が映し出されていきます。

 

指導員 ものづくりへの思い

梅本 幸江

梅本 幸江

「すごく気分がいい」「なぜか好きだ」「なんか気になる」etc,,.
そう思う理由は本当のところなんなんだろう!?と思います。
それを1つ見つけたら、その時自分はどう反応できるのか、 それがものづくりの始まりであり、一番おもしろいところだと私は思います。
見た人に私がおもしろがってつくったことが伝わるような、願わくは一緒におもしろがってもらえるような、そんなものをつくっていきたいです。

加島 篤子

加島 篤子

素材との対話を楽しみながら、自分なりの個性を熔かし合わせ、生活の中でなごめる作品を・・・。そんなものづくりを続けたいと思っています。

加島 篤子

西川 友敬

わたしにとってものづくりとは、その小さな物の中にどんな世界を作るか考えながら、一から世界を作っていく事です。

山室 徹

山室 徹

楽しくつくる 見えたり見えないモノを頼りに色々つくり続けていたい

佐藤 芳美

佐藤 芳美

ガラス棒が何にでも変化する面白さ・思い通りにはならない難しさ・出来た時の感動・いろんな人に伝えていきたいです。

教室の風景画像

教室風景

お申込みはこちら